『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋

おすすめしたい本を紹介する読書ブログです。どうぞ座ってご覧ください。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
お気軽にどうぞ

村へはこちらから行けます

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去のランキング

kitabおすすめ本の過去のランキングです

2014年1月                       2013年12月                       2013年11月                




希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

腸をダメにする習慣、鍛える習慣 ~腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法~ (ワニブックスPLUS新書)

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)

ネコライオン
このエントリーをはてなブックマークに追加
        このエントリーをはてなブックマークに追加

ごゆっくりおすごしください

プロフィール

kitab(キタブ)

Author:kitab(キタブ)
年間400冊読破チャレンジ中。
2年間ネパールで過ごし、2012年帰国。
30代。

kitabはネパール語で「本」の意味。
写真はヒマラヤのヤクです。

おすすめ本ランキング

kitabが選んだ今読んでほしい本のランキングです。(2014.2)

詳細はこちら
2月のおすすめ本ランキング

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ブタとおっちゃん

下町ロケット (小学館文庫)

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『下町ロケット』池井戸潤

2014/01/20(月) 20:30:34

下町ロケット (小学館文庫)

下町ロケット


直木賞受賞作 待望の文庫化

人気衰えぬ池井戸潤作品、図書館では貸出中が続いています。
そんな時、何も言っていないのに友人が貸してくれたのがこの本でした。

この友人、私が週末に『空飛ぶタイヤ』を貸したら週明け月曜に返しに来ました。
読まずに返しに来たのか。おもしろい小説なのに、なんてヤツだ、と思っていたら

「池井戸潤の本、他に持ってへんの?」

はまってしまって週末どこにも行かず、一気に読んでしまったとのこと。
そうやったんか。ええヒトやんか。

「なんで下町ロケット買うたん?」

文庫版『空飛ぶタイヤ』の裏の方に、この作品の紹介を見かけてすごく気になっていた、とのことでした。
そういえばありますね、裏の方に著者の他の作品紹介ページみたいなのが。

なにはともあれ、あまり本を読まなかった友人が本に興味を持ち始めてくれたのは嬉しいことです。


下町ドリーム

簡単にストーリーを紹介しておきます。

佃が開発したロケットが打ち上げに失敗し、太平洋に落下。
父親の死を機に、佃は父親が創業した町工場を引き継ぐことに。

ロケット開発の技術をいかし、小型エンジン開発でその町工場は業績を上げていく。
そんな時、大企業で新型ロケット開発のプロジェクトが進行していた。

大企業が威信をかけて開発するロケットには、佃の町工場が取得した特許がどうしても必要だった・・・


と、こんな感じで話が進んでいきます。
「中小企業VS巨大企業」という構図は『空飛ぶタイヤ』と似ているんですが、展開はひと味ちがうんですね~

肩入れしたくなる個性的な登場人物もいい味だしています。
モノづくりが好きな人なら「うんうん、やっぱりそうこなくちゃ。」というシーンもあります。

そうそう、前に紹介した『視覚でとらえるフォトサイエンス 物理図録』で書いたロケット基地が南にある理由うんぬん、の話も小説の中で出てきます。
なぜか私はちょっと誇らしかったです(笑)


ロケット開発というスケールの大きな夢をギュッと凝縮させて、ページをめくることで目の前に広げてくれる。そんな作品です。



関連記事
小説TB:0CM:0
<< 『本当に考える力がつく多読術』園善博ホーム全記事一覧『ハツ江おばあちゃんの定番おかずレッスン』 豚カツ編 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honjitsukaiten.blog.fc2.com/tb.php/105-f6d1dc92

Copyright(C) 2006 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。