『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋

おすすめしたい本を紹介する読書ブログです。どうぞ座ってご覧ください。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
お気軽にどうぞ

村へはこちらから行けます

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去のランキング

kitabおすすめ本の過去のランキングです

2014年1月                       2013年12月                       2013年11月                




希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

腸をダメにする習慣、鍛える習慣 ~腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法~ (ワニブックスPLUS新書)

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)

ネコライオン
このエントリーをはてなブックマークに追加
        このエントリーをはてなブックマークに追加

ごゆっくりおすごしください

プロフィール

kitab(キタブ)

Author:kitab(キタブ)
年間400冊読破チャレンジ中。
2年間ネパールで過ごし、2012年帰国。
30代。

kitabはネパール語で「本」の意味。
写真はヒマラヤのヤクです。

おすすめ本ランキング

kitabが選んだ今読んでほしい本のランキングです。(2014.2)

詳細はこちら
2月のおすすめ本ランキング

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ブタとおっちゃん

下町ロケット (小学館文庫)

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『ハツ江おばあちゃんの定番おかずレッスン』 豚カツ編

2014/01/19(日) 20:01:13

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ハンドブック ハツ江おばあちゃんの定番おかずレッスン (生活実用シリーズ NHK「きょうの料理ビギナーズ」ハンドブック)

ハツ江おばあちゃんの定番おかずレッスン


晩ご飯のおかずは肉できまり

「肉が食べたい。」

普段からお肉食べたいなぁ、と思っている私ですが、食事は毎日のことですからなかなかお肉ばかりとはいきません。

「今日は肉にする!それも豚カツだっ!」

昨日の私は強気でした。

近くのスーパーのポイントが1000円分たまっていたので、それを使って肉を買ってきました。
だから強気だったのです。

「春キャベツと豚ロース」
春キャベツと豚ロース


なぜ牛肉でもなく、鶏肉でもなく、豚肉なのか。自分でもよく分かりませんが豚肉の気分だったのです。
先日紹介した『ブタとおっちゃん』の影響ではありませんよ。おそらく。

豚カツの作り方はだいたい分かるのですが、どうせ作るならおいしく作りたい。
ということで、以前、餃子でお世話になったハツ江おばあちゃんに登場してもらうことにしました。

餃子編はこちら 『ハツ江おばあちゃんの定番おかずレッスン』ギョーザ編

「洋食、イタリアン、フレンチ、アジア料理にも精通する」というハツ江おばあちゃん。
頼りになるんです。


材料(2人分)

豚ロース肉(豚カツ用):2枚
塩:小さじ1/4
こしょう:少々
バッター液
 卵:1コ
 牛乳:大さじ1
 小麦粉:大さじ4
生パン粉:カップ3
サラダ油:適量
中濃ソース:大さじ4
キャベツ:2枚


バッター液とはなんぞや?

「バッター液」って何か知っていますか?私は初めて聞きました。嫁さんも聞いたことがない様子。

卵と牛乳と小麦粉を混ぜたものがバッター液。
ようするにお肉にパン粉がちゃんとくっつくようにつける液体のことなんですが、こんな名前がついているとは。

ハツ江おばあちゃんは何でも知っていますねー。しかし、その語源まではさすがに言及していません。

「バッター液」。バター液?と思ってしまうような名前はどこから来たんでしょう?
調べてみました。

ウィキペディア [Batter(cooking)](英語版しかありませんでした)

どうやらバッター(batter)っていうのは古いフランス語で「beat」の意味である「battre」から来ているようですね。
混ぜるときにビートするから、ということです。

なるほど。ハツ江おばあちゃんから教わることは多いなぁ。


キャベツを切ります

作るのは豚カツですが、キャベツの千切りあっての豚カツ、というハツ江おばあちゃんのこだわりから、一番最初にキャベツの切り方を教わりました。

いつもはキャベツのかたまりのままザクザクッと切っていくのですが、今日はハツ江おばあちゃんの言うとおりに切っていきます。

「キャベツの芯の方を手前において、縦に4等分します」
キャベツ2 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

サイズ的に3等分しかできませんでした。芯もあとで切ります。

「葉の部分を重ねて、横長に置き、端から切っていきます」
キャベツ千切り ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

キャベツ千切り2 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

キャベツ千切り完成 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

ハツ江おばあちゃんは「キャベツ2枚」と控えめです。
私はがっつり食べたいのでほぼ半玉分を千切りにしました。


豚肉の下ごしらえをします

「包丁のみねで全体を20~30回たたきます」
下ごしらえ1 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

下ごしらえ2 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

裏返して反対側もきちんとたたきます。私は片面で40~50回はたたきました。
おかげでお肉がすこし大きくなりました。

「塩とこしょうをふって下味をつけます」
下ごしらえ3 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

下ごしらえ4 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

塩はまんべんなく行きわたるように手で塗りのばしました。こしょうは少し多め。


バッター液をつくります!

はい、今日の話題の中心、バッター液をつくります。

「卵一個に牛乳大さじ1」
バッター液1 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編
「小麦粉を入れてビートします」
バッター液2 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編
「これがバッター液です!」
バッター液3 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

ええと。これに砂糖を入れてフライパンで焼くとホットケーキになるのかな。
いや、たぶん膨らまないでしょうね。でもほぼホットケーキですね。


パン粉をつけて、油で揚げます

「お肉にバッター液をつけます」
バッター液にからめる ハツ江おばあちゃん 豚カツ編
「パン粉をつけます」
パン粉をつける1 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

パン粉をつける2 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

パン粉をつける2枚完成 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

さあ、あとは揚げるだけ!

「油は極力少なくしました」
揚げる1 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編
「いい色になってきました」
揚げる2 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編
「揚げおわりました」
揚げおわる ハツ江おばあちゃん 豚カツ編


食べやすい大きさに切って盛り付けます

「うまそう!」
完成 ハツ江おばあちゃん 豚カツ編
「また食べたくなってきた・・・」
完成アップ ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

いかがでしたか?
ハツ江おばあちゃんの指南は細かいところまで行き届いているので、初めて作る料理でも心配はいりません。

それに豚カツは餃子ほど難しくはないので、楽ちんでした。

餃子の時ほど苦労していないのがお分かりいただけたのではないでしょうか。
ギョーザ編 『ハツ江おばあちゃんの定番おかずレッスン』ギョーザ編

定番のおかずだけど、ハツ江おばあちゃんの手にかかると一味ちがった料理になると思います。



番外編

豚ロース2枚ではバッター液が余ってしまいました。
ちくわをバッター液にからめて磯部揚げ風にしていただきました。これもおいしかったです。
(完成写真を撮り忘れました)
バッター液の残り ハツ江おばあちゃん 豚カツ編

関連記事
料理TB:0CM:0
<< 『下町ロケット』池井戸潤ホーム全記事一覧『こんなに役立つ数学入門』広田照幸・川西琢也編(その2) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honjitsukaiten.blog.fc2.com/tb.php/106-899ace8e

Copyright(C) 2006 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。