『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋

おすすめしたい本を紹介する読書ブログです。どうぞ座ってご覧ください。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
お気軽にどうぞ

村へはこちらから行けます

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去のランキング

kitabおすすめ本の過去のランキングです

2014年1月                       2013年12月                       2013年11月                




希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

腸をダメにする習慣、鍛える習慣 ~腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法~ (ワニブックスPLUS新書)

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)

ネコライオン
このエントリーをはてなブックマークに追加
        このエントリーをはてなブックマークに追加

ごゆっくりおすごしください

プロフィール

kitab(キタブ)

Author:kitab(キタブ)
年間400冊読破チャレンジ中。
2年間ネパールで過ごし、2012年帰国。
30代。

kitabはネパール語で「本」の意味。
写真はヒマラヤのヤクです。

おすすめ本ランキング

kitabが選んだ今読んでほしい本のランキングです。(2014.2)

詳細はこちら
2月のおすすめ本ランキング

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ブタとおっちゃん

下町ロケット (小学館文庫)

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

現在読書中の本(2014.1.23) 

2014/01/23(木) 19:57:26

このブログで紹介することになるかどうかは分かりませんが、私が現在読書中の本を貼り付けてみます。
(途中まで読んでそのままになっている本も含みます)


トヨタ対VW(フォルクスワーゲン) 2020年の覇者をめざす最強企業 なぜ、社員10人でもわかり合えないのか 独断流「読書」必勝法 出世の教科書 

スタンフォードの自分を変える教室 新訳 成功の心理学 人生の勝者に生まれ変わる10の方法 クロネコヤマト「個を生かす」仕事論: “伸び続ける集団”の「発想・行動・信念」 一流の男、二流の男

不幸になる生き方 (集英社新書) 勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022) 不毛地帯 第3巻 (新潮文庫 や 5-42) 40歳をすぎても記憶力は伸ばせる (講談社プラスアルファ新書)

甘い物は脳に悪い (幻冬舎新書) どうやって社員が会社を変えたのか―企業変革ドキュメンタリー (011)わたしが正義について語るなら (ポプラ新書) 30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫) 

日本で働くのは本当に損なのか (PHPビジネス新書) 企業参謀 (講談社文庫) 零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫) 国防軍とは何か (幻冬舎ルネッサンス新書 も-5-1)

海賊とよばれた男 上 アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書 直感力 (PHP新書) ブラック社員がこんなに!動く 佐川急便の『マネジメント』

(画像はブログ用の写真検索さんのものを使用しています)


まあ、ため込んだもんです。「10数冊はあるな。」とは思っていたのですが、24冊もあるとは。
山崎豊子さんの『不毛地帯』などは読み始めてからもう1年近く経つのにまだ3巻の途中です。

読み切ってここで紹介できる本は何冊でてくるのか、自分でも気になるところ。

今のところ読んでいて面白いなぁ、紹介したいな、と感じているのは

『トヨタ対VW』
『なぜ、社員10人でもわかり合えないのか』
『独断流「読書」必勝法』
『不毛地帯』
『甘い物は脳に悪い』
『日本で働くのは本当に損なのか』
『海賊とよばれた男』
『ブラック社員がこんなに!動く 佐川急便のマネジメント』

の8冊です。
他の本もまだちゃんと読めていないだけなので、最後まで読んで面白ければご紹介したいと思います。

「面白い、面白くない」は主観的なものですのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

そのときの精神状態や健康状態、生活環境、社会環境で興味を持つ本というのは変わります。
これらを読み切る前に面白そうな本があると買ってきてしまうので、1か月後にはまた様子が違っていると思います。


こんな読書ブログですが、あきれずにまたご訪問ください。24時間開店しております。


関連記事
kitabのヒトリゴトTB:0CM:2
<< 『Naoko Okusa's Real Coordinate』大草直子ホーム全記事一覧『コーヒーを楽しむ。』堀内隆志 >>

コメント
初めまして
こんなに並行して読んでたら、内容、忘れませんか?ww
こちら、せいぜい、数冊が限度w
きくちゃん #-|2014/01/24(金) 05:31 [ 編集 ]
Re: 初めまして
そうなんです、ご指摘の通り内容忘れてしまうんです。
仕方ないので、途中まで読んで置いておいた本なんかはまた最初から読みます。

だから増えていく一方なんでしょうね。

ビジネス書は特に忘れますね。こんなこと書いてあったっけ?といつも思います。
小説なら半年くらい寝かせておいても、ストーリーは覚えているんですが…

コメントありがとうございました!
kitab(キタブ) #-|2014/01/24(金) 06:25 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honjitsukaiten.blog.fc2.com/tb.php/109-bbd2c578

Copyright(C) 2006 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。