『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋

おすすめしたい本を紹介する読書ブログです。どうぞ座ってご覧ください。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
お気軽にどうぞ

村へはこちらから行けます

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去のランキング

kitabおすすめ本の過去のランキングです

2014年1月                       2013年12月                       2013年11月                




希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

腸をダメにする習慣、鍛える習慣 ~腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法~ (ワニブックスPLUS新書)

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)

ネコライオン
このエントリーをはてなブックマークに追加
        このエントリーをはてなブックマークに追加

ごゆっくりおすごしください

プロフィール

kitab(キタブ)

Author:kitab(キタブ)
年間400冊読破チャレンジ中。
2年間ネパールで過ごし、2012年帰国。
30代。

kitabはネパール語で「本」の意味。
写真はヒマラヤのヤクです。

おすすめ本ランキング

kitabが選んだ今読んでほしい本のランキングです。(2014.2)

詳細はこちら
2月のおすすめ本ランキング

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ブタとおっちゃん

下町ロケット (小学館文庫)

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』  大塚健(その1)

2014/01/27(月) 20:05:19

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!



勘違いから出会った本

図書館の棚でこの本を発見。背表紙に「他力本願で年間50億円稼ぐ! 大塚〇」 とありました。
〇の部分は図書館の分類シールが貼ってあり、見えません。

「大塚寿さんの本か。前に読んだ本もよかったし、どんなんか見てみよ。」

と手に取ると、車いすのこの男性の姿。どうやらこの人が著者らしい。
名前は大塚健。大塚寿さんではありませんでした。

「闘病記だろうか?だけど、このタイトルは・・・」

疑問が頭をよぎりながら、ページをめくって最初に飛び込んできたのがこの写真でした。

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!


「会議は大塚会長の自宅の一室で行われている。」の表記。
ベッドの上の男性の前にスーツ姿の人たちが集まってパソコンを広げている。

「これはどういうこと?」

この写真に引き込まれるように、その場で読み始めました。


父親の厳しい言葉が人生を変える

著者の大塚健さんは漫画やライトノベル、同人誌等を扱う株式会社ケイ・ブックスの会長を務められています。

公式サイト [K-BOOKS]

この本を執筆された2012年度は50億円の売上高を見込んでおられたようです。
だからこのタイトルなんですね。
(実際の売上高は分かりませんでした。2011年度は42億円超です。)

池袋にある、女性向けの本格的な喫茶店執事喫茶 スワロウテイルも大塚さんが作られました。
謎解きはディナーの後で』(小学館)の作者は、この喫茶店をテレビで見て小説のイメージを思いついたそうです。


大塚さんは5歳の時に筋ジストロフィーと診断され、医者には「20歳までの命」と告げられていました。
実際、高校生の頃には付き添いなしでは一人で歩けなくなっていたそうです。

通信制の高校で出会った友人の影響でアニメ、漫画に没頭し、高校卒業後も自室にこもって漫画を読む日々が続きます。

20歳の誕生日を迎えた朝、大塚さんは「ほら、オレはまだ生きているよ」と母親に伝えます。

格別の思いで迎えた20歳の誕生日でしたが、数日後、父親から激しく怒鳴りつけられました。

「おい健。仕事もせずに毎日マンガばっかり読んで、ブラブラするな!男だったら、自分の食い扶持くらいは自分で稼げ!」
と、マンガを読んでいた僕を怒鳴りつけてきた。

僕にとって父は、とにかく怖くて、目も合わせられないくらいに恐怖の対象だった。
一人では歩けない人間に言う言葉とは思えないが、結果的にこの言葉が、僕の人生を大きく変えていく。


このあと大塚さんは懸命に考えます。父親からの言葉が頭の中をグルグルと回り続けたそうです。
続きは(その2)で。

今日はここで失礼します。

関連記事
ビジネス・仕事論TB:0CM:0
<< 『難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!』  大塚健(その2)ホーム全記事一覧『Naoko Okusa's Real Coordinate』大草直子 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honjitsukaiten.blog.fc2.com/tb.php/111-092f8403

Copyright(C) 2006 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。