FC2ブログ

『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋

おすすめしたい本を紹介する読書ブログです。どうぞ座ってご覧ください。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
お気軽にどうぞ

村へはこちらから行けます

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去のランキング

kitabおすすめ本の過去のランキングです

2014年1月                       2013年12月                       2013年11月                




希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

腸をダメにする習慣、鍛える習慣 ~腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法~ (ワニブックスPLUS新書)

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)

ネコライオン
このエントリーをはてなブックマークに追加
        このエントリーをはてなブックマークに追加

ごゆっくりおすごしください

プロフィール

kitab(キタブ)

Author:kitab(キタブ)
年間400冊読破チャレンジ中。
2年間ネパールで過ごし、2012年帰国。
30代。

kitabはネパール語で「本」の意味。
写真はヒマラヤのヤクです。

おすすめ本ランキング

kitabが選んだ今読んでほしい本のランキングです。(2014.2)

詳細はこちら
2月のおすすめ本ランキング

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ブタとおっちゃん

下町ロケット (小学館文庫)

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『日本全国 ご飯のとも お米マイスター推薦の100品』

2014/01/08(水) 21:12:11

日本全国  ご飯のとも ~お米マイスター推薦の100品~

日本全国 ご飯のとも ~お米マイスター推薦の100品~

全国のお米のプロである「お米マイスター」たちが推薦する、ご飯にあう「おとも」を100品紹介してあります。


お米マイスターとは?

お米マイスターって知ってますか? 
マイスターってドイツで職人さんが取得する資格なのですが、これはよく聞くのでご存知の方も多いでしょう。

お米マイスターの「マイスター」はそのマイスターの意味もあるんですが、それだけじゃないんです。
すこし考えてみてください。 ヒントは、「米☆」です。


どうでしょう? 勘のいい人はもう気づかれましたね。

はいそうです。米は「まい」、☆は「スター」。米について明るい人。だから「マイスター」だそうです。
うまいこと考えたものですね。

興味を持たれた方はこちらをどうぞ [お米マイスター全国ネットワーク]


衝撃のご飯のともがあった!

1ページに一品ずつ、写真と紹介文で全国47都道府県の「とも」たちが載せてあります。

その100品が最後のさくいんで、ジャンル別に8種類に分けてありました。

・佃煮 ・漬物 ・ふりかけ ・味噌 ・海の恵み ・ルー/煮込み ・卵とその周辺 ・変わり種


最後の「変わり種」。気になりますよね。
100品の中でわたしが一番衝撃をうけたのが、変わり種の中の一品でした。その「ご飯のとも」とは


「ヨーグルト」

冷めたごはんにヨーグルト。ヨーグルトは加糖でも無加糖でもフルーツ入りでもいいそうです。

ええと、これはれっきとした「お米マイスター」さんが選んだおともです。
東京にあるお米屋さん、大堤燈米穀店の中島さんが推薦されたものです。

中島さんによるとその味わいは・・・
「ご飯の粒が立ち、ヨーグルトには米の甘さが加わって食感も変わる。単品より互いの存在感が際立つ、ご飯とヨーグルトの五分五分の勝負!」なのだと言う。


私はご飯もヨーグルトも大好きですが、それを一緒に食べようとはさすがに・・・

しかし、お米マイスターさんが言ってるんですから食べてみなければ、とは思うのですが。
あまり気がすすみません。もし気がすすむという方がいらしたら、試してみてください。
ご報告お待ちしております。


わたしがご飯のともを選ぶなら

私がもしご飯のともを一品選ぶとしたら確実にコレでしょう。

「鯖のへしこ」

私の住む地方の特産品です。サバの糠漬けですね。
これをあぶって、おはしでほぐして小指の先くらいを炊き立ての白ごはんの上にのせて食べるんです。
これがめちゃくちゃうまい!

どれくらいうまいかというと、高校生の頃、友人がへしこのおいしさを延々と語るくらいうまいんです。
(あまり伝わりませんね。すみません)

相当塩辛いので一切れでお茶わん数杯いただけてしまいます。
食べ盛りのお子様には与えない方がいいかもしれません。

「鯖のへしこ」。
この本の中では石川県、倉山米穀の倉山さんがご推薦されている「さば糠漬け、いわし糠漬け」が近いのではないかと思われます。
近いというより、もしかして呼び方が違うだけで同じものかもしれません。

紹介文にも「大量のご飯を炊いて挑むべし」と書いてありますから、きっと似た味なんでしょうね。


このほかにも食欲をそそる品々が目白押しです。
プロのお米屋さんが教えてくれる「おいしいご飯の炊き方」も必見です。

お米好きの方は是非読んでみてください!



関連記事
料理TB:0CM:0
<< ネパールの食卓 (第1話)ホーム全記事一覧『一生痛まない強い腰をつくる』一ヶ月経過報告 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honjitsukaiten.blog.fc2.com/tb.php/96-c9e53fe0

Copyright(C) 2006 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。