FC2ブログ

『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋

おすすめしたい本を紹介する読書ブログです。どうぞ座ってご覧ください。

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する
お気軽にどうぞ

村へはこちらから行けます

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去のランキング

kitabおすすめ本の過去のランキングです

2014年1月                       2013年12月                       2013年11月                




希望の現場 メタンハイドレート (ワニプラス)

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫)

脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書 は 5-1)

腸をダメにする習慣、鍛える習慣 ~腸内細菌を育てて免疫力を上げる30の方法~ (ワニブックスPLUS新書)

住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち (講談社プラスアルファ新書)

ネコライオン
このエントリーをはてなブックマークに追加
        このエントリーをはてなブックマークに追加

ごゆっくりおすごしください

プロフィール

kitab(キタブ)

Author:kitab(キタブ)
年間400冊読破チャレンジ中。
2年間ネパールで過ごし、2012年帰国。
30代。

kitabはネパール語で「本」の意味。
写真はヒマラヤのヤクです。

おすすめ本ランキング

kitabが選んだ今読んでほしい本のランキングです。(2014.2)

詳細はこちら
2月のおすすめ本ランキング

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ


必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

難病で寝たきりでも「他力本願」で年間50億円稼ぐ!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ブタとおっちゃん

下町ロケット (小学館文庫)

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ネパールの食卓 (第1話)

2014/01/09(木) 21:24:01

昨日の『日本全国 ご飯のとも お米マイスター推薦の100品』の記事を書いていて思いました。

「そういえば、ネパールの食べ物って紹介してなかったなぁ。」

ということで、強引ですが今日から不定期で『ネパールの食卓』と題して記事を書きたいと思います。


ネパールでは1日2食が基本

私もネパールに行くことになるまで知りませんでしたが、ネパールでは朝と晩の2食が一般的です。
ただ、2食と言ってもしっかり食べるのが2回ということです。
つまり軽食も含めれば3食、もしくは4食となります。

具体的に説明しましょう。

しっかり食べる2食は「ダル・バート」という食事で、日本流に言えば「定食」になります。
ダル・バートの「ダル」は豆スープ、「バート」は白ご飯という意味になります。
定食の味噌汁とご飯、といったところですね。これにおかずがついてくるわけです。

これを朝と夜に食べます。朝は9:00~10:00の間に食べることが多いです。遅いですよね。
だけど、学校や官公署は10:00からなので、これで問題ないわけです。

で、夕食の時間は20:00~21:00くらい。これも遅いですよね。
食べたらすぐに寝るのがネパール流なので、これも問題ないわけです。

この2回の食事の間にとるのが「カザ(カジャ)」という軽食です。だいたい14:00~16:00にとります。

就寝時間が早いため、朝も5:00くらいに起きる人が多いです。朝食まで時間があるので、砂糖たっぷり極甘の「チヤ」(紅茶です)を飲みます。裕福な家だとビスケットやパンなんかも食べます。

日本だったらこれを朝食とみなすところですよね。
だけどネパール人からすると、これは「カザ」であって、食事はあくまで「ダル・バート」なのです。


これがダル・バートです!

言葉ではわかりにくいので写真でダル・バートを説明しましょう。

これは村のリーダー格の人のお宅にお世話になったときに出てきたダル・バートです。

「たまご焼きがついてきました」
ダルバート1

写真を見てわかるように、ダル・バートは一枚の大きなお皿にすべて盛られて出てきます。
いちばん右の深い器に入っているのが「ダル」、豆のスープですね。

左端の小皿には、たまご焼き。村の人はそんなにしょっちゅう食べません。週に1回食べるくらいだと思います。
この時はゲストである私に気を使ってくれたようです。

真ん中のはグリーンピース的な豆と野菜炒め、だったと思います。
こうしたおかずを総称して「タルカリ」と言います。

調味料は基本的に、塩・香辛料・油、この3点です。日本だったら塩・ダシ・醤油でしょうか。
これにニンニクやショウガをすったものを加えて味付けします。

あ。忘れてならないのがトウガラシです。これを大雑把に切って入れます。
ネパール人は辛い食べ物が大好きなので、トウガラシは料理に欠かせません。


おかわりは必須 完全なるすきっ腹で臨むべし

このダル・バートのご飯はネパールのお米でインディカ種になります。日本のお米、ジャポニカ種とは違って、パサパサしていて粘りがほとんどありません。
なので、この写真のように大盛りにしてあっても軽く食べられるんです。

ただ、このダル・バート、「おかわり」することが暗黙の了解となっておりまして・・・
「ふぅ、もう少しで食べきるぞ。」と思っていたら、ドサドサドサッとバートを盛られます。ついでにタルカリも。

まるで、すごろくの「ふりだしに戻る」です。
このおかわり制度、日本女子のような少食の人たちは拷問のように感じるみたいです。

私は食い意地がはっているので、おかわり大歓迎でしたけどね。おかげで10kg以上太りましたが。


さて、食べ方にも言及したいところですが、長くなりそうなのでそれは第2話に書きたいと思います。
素手で食べるんですよ。


いろんなお宅のダル・バート載せときます。レストランで出てきたのも含まれてますね。

ダルバート2

ダルバート4

ダルバート3

関連記事
ネパールTB:0CM:4
<< 『現場女子 輝く働き方を手に入れた7つの物語』遠藤功   (その1)ホーム全記事一覧『日本全国 ご飯のとも お米マイスター推薦の100品』 >>

コメント
うまそう・・・
はじめまして。

ダル・バート・・・
めっちゃ美味しそうですね。

ネパールではありませんが、インドには出張で何度も行っているので、似たような食べ物(というか、似たように見えてしまう)を食べたことがあります。

野菜や穀物が主体ですが、時々肉系を食べると、それがまたウマイ^^

ちょいちょい寄らせて頂きますね。
CFマスター #XoM3nMQA|2014/01/10(金) 00:21 [ 編集 ]
Re: うまそう・・・
コメントありがとうございます。

私もインドには旅行で10日間ほど行きました。デリーからコルカタまでの北インドだけですが。

たしかにインドの定食(ターリーでしたっけ?)はネパールのダル・バートに似ていますね。

ただ、ネパール料理とは使っている香辛料が違っているように感じました。どちらもおいしいです。

またお越しください。お待ちしております。

kitab(キタブ) #-|2014/01/10(金) 20:43 [ 編集 ]
僕もネパール行ったことあります♪
はじめましてkitabさん

だいぶ前(13、14年前)になりますが、僕もネパールに行ったことがあります。
カトマンズやポカラ(?)とかに行って象にも乗った記憶があります。

確かにこんな感じのプレート食べました!
チャイとかラッシーみたいなのもついていた記憶があります。

楽しみに見させていただきます♪
Mr.cookie #-|2014/01/14(火) 21:16 [ 編集 ]
Re: 僕もネパール行ったことあります♪
コメントありがとうございます。

ネパールに行かれたことがあるんですね。
象に乗られたということは、おそらくチトワン国立公園あたりでしょうね。

カトマンズは近頃大気汚染がひどくて、ヒマラヤが見えることは稀ですが、ポカラはすぐ近くにマチャプチュレやアンナプルナというヒマラヤがよく見えていいところです。

私は夏の暑いころにはラッシーをよく飲んでいました。カルピスの元祖(?)みたいな味です。

第2話は今月中には掲載したいと思っております。しばしお待ちください。
kitab(キタブ) #-|2014/01/16(木) 06:34 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://honjitsukaiten.blog.fc2.com/tb.php/99-bcebc9fe

Copyright(C) 2006 『本』日カイテン!読書を楽しむ立ち読み屋 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。